TOP LINEUP SURFBOARD WETSUIT ACCESSORY BLOG
TRIP MOVIE SCHOOL MEMBER BBS MAIL

 ビギナーのためのヒント 

ビギナーの方やサーフィンを始めたい方は店内にて無料スクールビデオ鑑賞出来ます。

1.手や腕に余計な力を入れてパドリングしていないか?

首筋、腹筋などの全身の筋肉をつかってパドリング何よりも力強さ、持久力が大切です。
腕は充分に水中に入れて掻くように。

2.悪い姿勢でパドリングしていないか?

ボードの上で体が曲がっていたり猫背になったりしていると筋肉に疲労をきたします。必ず上体を反ってパドリングする。
おヘソを中心にイメージするとバランスがとりやすくなります。

3.カレント(流れ)、波のブレイクを予測してゲティングアウトしているか?

波には必ず周期があります。ただ打ち寄せてくるだけではなく沖に向かって海水が流れています。
うまくリズムをつかみタイミングを見計ってゲッティングアウトしましょう。

4.ドルフィンスルーのタイミングは正しいか?

どうしても最初はボードを早く沈めがちになってしまっています。できるだけ深く沈めるように努力して少しタイミングを遅らせてみましょう。

5.テイクオフについて

必ずストリンガーの上に足をのせていないと正しくボードコントロールできません。両膝を軽く曲げあらゆる状況にも対応できるようにし、前足、後ろ足の荷重のかけかたに注意しましょう。

6.波に自分が押し戻されていることを知っているか?

波が大きくなると強い流れが出て、ゲティングアウトしながらや波待ちしている時も自分の位置を常にチェックするよう心掛けたい。

7.テイクオフのポジションを予測できるか?

波のブレイクに合せ予測していれば必ずベストポジションからテイクオフ出来る。

8.他のサーファーよりも沖からテイクオフ出来ているか?

沖から波を捕まえる練習をしよう。

9.テイクオフは前足体重か?後足体重か?

波のブレイクによって対応が変わるからどちらも正しい。波の掘れ方のより調整しよう。

10.自分の膝がどれくらい曲がっているかを知っているか?

自分では曲げているつもりでも実際には殆んど曲がっていない人が多い。膝は柔らかく衝撃を吸収し反発は強く良いサスペンションを目指そう。

11.ターンの方向をイメージ出来るか?

サーフィンのターンは動いている波と共に行うものだ。波の動き、ブレイクを予測しなければターンは成立しない。

12.ターンでボードを曲げようとして体だけを振り回していないか?

ボードに対して正しい重心をとっていれば必ずボードは曲がってくれます。ボードが動かない、曲がらない原因はテールを踏めていない場合が殆んどです。